ゆらたび

日常から、非日常の折々の思いを綴りたい。

アントワープにショートトリップ!ふ


f:id:yurahime5:20190513001602j:image

ブリュッセル滞在中に、憧れのアントワープ駅に行くことは、当初からの計画でした。しかし、思いがけず中耳炎を発症し、こちらで医師の診察を受けるか、中途帰国も視野に入れるべきか!っと時にようやく症状が落ち着いてくれてホッとするのも束の間。今度は風邪を引いてしまい、ひどいのどの痛み。観光より体を休めるのを優先してたお陰か、今日は多少調子が良かったので、ショートトリップ決行することにしました。

アントワープはブリュッセル中央駅からICで40分ほどで、日帰り旅行にちょうど良い距離です。
f:id:yurahime5:20190513003544j:image

まずは中央駅窓口でチケットを買うべく、列に並びます。今日は日曜日なので、窓口は2つしか空いてないのですが、並んでる人も少な目。窓口のオジさん、一人は優しそうな人、一人はごっつい感じの人。優しい方に当たって…!  ダメだ、ごっつい方に当たった。

しかしこのオジさん、すごく優しくて、しかも「日本人?」って聞いてくれて、それから出来る限りの日本語で対応してくれたのです。日本語ペラペラではなく、片言なんだろうと思いますが。楽しかったです。
f:id:yurahime5:20190513004930j:image

窓口で提示した、私のメモですが、中央の青いボールペンで書いてあるのは、オジさんが書いてくれたものです。(時と分が漢字)

こうして、アントワープ往復と2日後にユーロスターに乗るための、ミディー駅(ブリュッセル南駅)までの切符を無事購入できました。
あと、おまけにアントワープまでのチケットは、週末は半額でした。お得!f:id:yurahime5:20190513005923j:image

そして、遂に、遂に夢にまで見たアントワープ駅に到着。「鉄道の大聖堂」「世界でもっとも美しい駅」そんな異名も間違いありません。かのビクトル・ユゴーをして、「世界でもっとも美しい広場」と言わしめたグランプラスも見飽きることがなく、いつまでも見ていられたけど。この駅も色大理石の奥深い味わい、鋼鉄とガラスの織り成すドーム型のプラットホーム。360度どこを見渡しても、いまいちはありませんでした。すべて完璧な美しさでした。
f:id:yurahime5:20190513012612j:image
f:id:yurahime5:20190513012631j:image
せっかくアントワープまで足を伸ばしたのですから、「フランダースの犬」にちなんだ、ノートルダム大聖堂のルーベンスの絵は見ておくべきですよね。少年ネロが天国へ召される間際にみた絵です。
f:id:yurahime5:20190513013009j:image

これはパトラッシュとネロなの?大聖堂前にあるのですが。

体調もまだ、いまひとつなので早めにブリュッセルに戻ります。帰りのICに乗り込み、ブリュッセル中央駅のひとつ手前の北駅が近づいてきます。何気なく窓の外を見ていると、思わぬものを目にしました。

多分、あれは飾り窓。アムステルダムの飾り窓は有名なようですが、ブリュッセル北駅付近にもあるとは聞いていましたが、まさか、電車の窓から見えるとは。私が知っているのは「西ヨーロッパから連れてこられたダンサー志望の悲しい女性たち」と言うこと。最初はマネキンかと思ったほど、スタイル抜群でした。見たくなかったなぁ~!