ゆらたび

日常から、非日常の折々の思いを綴りたい。

ワルシャワは快晴です。


f:id:yurahime5:20190420000137j:image

ポーランド王家 夏の離宮 (ワジェンキ宮殿)


雲ひとつない快晴の中、ワルシャワ中央駅に到着。なんと晴れやかな青空の似合う街でしょう。高層ビルが建ち並び、予想外に洗練されていて驚きました。

東欧諸国は何れも、侵略、崩壊、分割統治、など地理的条件などからも歴史に翻弄されてきましたが、なかでも国家の消滅と言う最悪を経験したポーランドは、復興にも時間が掛り、きっとまだ途上なのだろうなと。

確かに、プラハやブダペストは西欧とは雰囲気の違いを感じましたが、ワルシャワは街の様子も整っていて、暗い歴史を思わせるものはありません。

もちろん、例えばスターリンから贈られたと言う、ワルシャワ中央駅前に建つ文化科学宮殿への市民の思い(嫌悪感)や

f:id:yurahime5:20190420000232j:image

無名戦士の墓

f:id:yurahime5:20190420000333j:image

ワルシャワ蜂起博物館など、随所に負の遺産的なものは有るわけですが。

しかし、素晴らしい歴史を持つ国です。

オールドタウンと呼ばれる旧市街も、第二次大戦で壊滅したのを忠実に復興し、世界遺産として認められたそうです。
f:id:yurahime5:20190420000428j:image

バルバカン砦(要塞)

 

私がもっとも感動したのは、ワルシャワ王宮です。外見はさほど派手な美しさは感じられませんが、内部は凄いです。
f:id:yurahime5:20190420000502j:image

素晴らしい絵画の数々と言い(レンブラントもあり)、居室の設えと言い、調度品と言い、上手く語れないから見に行って!と言いたい。

ワルシャワに王室が在ったことさえ知らない、お馬鹿な私です。

しかし、入場料500~600円では安い!と思いました。

 

ポーランドと言えば、美食の国と言うより、日本人の味覚に合うと聞いて楽しみにしてたのですが、私にはちょっと合わなかったかな?
f:id:yurahime5:20190420001100j:image
口も貧乏・・・!