ゆらたび

日常から、非日常の折々の思いを綴りたい。

旅の荷物考~その➀

f:id:yurahime5:20190312220127j:plain

海外をひとりで長期間旅する。荷物をどうするかは、大きな課題ですね。

訪問する地域や移動の方法、頻度、またそれぞれの旅のスタイルや、個人のこだわりなど、いろいろな要素で旅の荷物の入れ物や、中身も違ってくると思います。

 

まずは入れ物、何に荷物を詰めていくかを考えてみます。

少しでも身軽に行動できると言うと、イメージはバックパッカーでしょう。

リュック一つを背に世界中を気ままに、そして気軽に旅している人達ですよね。

バックパッカーと言う呼び名の通り、リュックは彼らのシンボルとも言えます。

 手で持つと重い荷物も、リュックで背負うと本当に楽ですよね~♪

両手が空くので、カメラやスマフォをいじることもできます。

 

ヨーロッパは、恐らく地下鉄にエレベーター、あるいはエスカレーターはほとんどないと思います。 長い階段を重い荷物を持って、上がったり下りたりは本当に辛いですよね。

列車の乗り降りもフラットではなく、高い段を登ることが多いし。

キャリーバックのローラーを転がすには、やっかいな石畳があったりします。

 

一時はリュックと言う選択以外ありえないと、購入するためリュックを探したりもした私でした。

しかし、上記に挙げたマイナス面も承知の上で、私の旅の道ずれはスーツケースと決めました。

旅のスタイルは本当に十人十色。 私のスタイルにはスーツケースの方が合っていると結論したからです。

 

f:id:yurahime5:20190312225602j:plain

 

長期にわたるヨーロッパ周遊ですから、それなりに移動も多くなります。

しかし、この旅では観光名所や美術館を巡るとか、世界遺産をみるとかの予定はほとんどありません。

1つの街に短くても2日、長ければ1週間滞在し、その街の空気感を味わい、ちょっとでも暮らす感覚で過ごす予定です。

そんな半居住と言っても良いのでしょうか、そんなスタイルには荷物の整理がしやすく、パッキングも楽なスーツケースがふさわしいのではないでしょうか。

ホテルもドミトリーは無理だし、考えてみると何よりバックパックは、私のスタイルに合わないと思い至りました。もちろん好みの問題でもあります。

 

結果として、手持ちの物で済ませたことで、余計な出費を抑えられました。

いろいろ悩んで決めたこと、正解かどうかは多分旅を終えてみなければ分からないでしょうね。