ゆらたび

女は度胸、ヨーロッパひとり旅、オロオロてんまつ記。

鬼怒川の湯を楽しむ!

鬼怒川温泉郷は、歴史は江戸時代まで遡り、当初は大名や僧侶のみの利用だったのが、一般に解放されたのは明治以降のようです。

少し上流にある川治温泉と並び「傷は川治、火傷は鬼怒川」と言われて、多くの湯治客を集めたそうです。

f:id:yurahime5:20190307090134j:image

お湯は神経痛、疲労回復に効く、アルカリ性単純温泉で、肌に優しい柔らかな泉質。

周囲には、様々なテーマパークがオープンしており、湯治客のみならず、カップルや家族ずれにも人気です。


f:id:yurahime5:20190307091513j:image

私の宿泊した宿、鬼怒川御苑。すぐ裏に鬼怒川渓谷を挟み、同系列の鬼怒川観光ホテルがあります。


f:id:yurahime5:20190307091804j:image

この、ふれあい橋には、ちょっと面白いものがあります。


f:id:yurahime5:20190307092336j:image
f:id:yurahime5:20190307092222j:image



鬼階段です。

鬼怒川だけに、他にも鬼にちなんだものが。

f:id:yurahime5:20190307092634j:image
f:id:yurahime5:20190307092605j:image


地面には。
f:id:yurahime5:20190307092719j:image

ちょっとだけ、中心を外れてはいますが、

橋からの眺めのみならず、こうして楽しませてくれます。


f:id:yurahime5:20190307090035j:image

また、宿泊したホテルのすぐ脇に、東武鉄道の線路があり、部屋から東武特急スペーシアの走行を望めました。
f:id:yurahime5:20190307093440j:image

スペーシアは撮れなかった… 残念!


f:id:yurahime5:20190307093712j:image

種類豊富な、朝食バイキング。


f:id:yurahime5:20190307093844j:image
f:id:yurahime5:20190307093904j:image

豊富な湯量の、優しいお湯!

今回は、バスで直行、直帰だったので、たいした観光はできず残念でした。

車なら、東武ワールドスクウェアや、トリックアート ,日光江戸村etc.を回ってもよし。

少し、足を伸ばして日光東照宮詣でもよしなのですが。