ゆらたび

日常から、非日常の折々の思いを綴りたい。

国内旅行-全国

三島大社 ~静岡県三島へのお出かけ

伊豆随一のパワースポット「三島大社」 三島大社前大鳥居 JR三島駅から徒歩15分程の位置にある、伊豆の国一ノ宮・伊豆国総社である「三島大社」 創建の時期が分かっていないほど古くから三島の地に鎮座され、平安時代の古書にも記 述が残っているのだとか。 …

湧水公園 ~静岡県三島へのお出かけ

豊かな水に恵まれた富士山麓 山中湖越しの富士山 「水の山」と言われる霊峰・富士山。 麓にたくさんの湧き水をもつというのも、他の日本の山々に例をみない富士山の特徴と 言えます。 富士山には年間約22憶トンの雨や雪が降り、蒸発散を考慮すると日量約450…

唐人屋敷跡 ~長崎紀行

唐人屋敷の歴史 長崎市の「新地中華街」の入口にあたり、ランタンフェスティバルのメイン会場のひとつでもある「湊公園」から5分ほど歩くと「唐人屋敷跡」の門があります。 かつては中国人を「唐人」と呼んだのですね。 なんかレトロで懐かしい響き! 1639年…

長崎路面電車はカラフル ~長崎紀行

長崎市内観光の主要な足~路面電車 異国情緒あふれる観光地長崎。 長崎市内は観光ポイントが多い割にはコンパクトな造りで、短時間に名所を回ることができたりします。 そんな観光の手助けをしてくれるのは、路線バスと共に市内を縦横無尽に走る路面電車です…

出島・・オランダ人の足音が・・ ~長崎紀行

潮風心地いい出島ワーフ 「出島ワーフ」は長崎港周辺のベイエリアを占める複合商業施設です。 港に向かい個性豊かなレストランやアウトドアショップなどが並んでいます。 オープンテラスで新鮮な食材を使った各国料理が食べられる、そして美しい景色や水際 …

ランタン祭りの新地中華街 ~長崎紀行

ランタンフェスティバルで賑わう新地中華街 ランタンフェスティバルと言えば、新地中華街を見ないわけにはいきません。 幾つかあるらしいイベント会場のひとつである「湊公園」の装飾も見てみたい! 長崎電鉄の路面電車の電停「新地中華街」は3つ路線ある路…

華僑の文化のかおり孔子廟 ~長崎紀行

長崎「孔子廟」 「グラバー園」帰りに立ち寄れる~もうひとつの異国 長崎路面電車の電停「石橋」か「大浦天主堂」からぶらぶら歩いて数分でちょっと奇抜な色合いと屋根の形の建物が見えてきます。 日本で唯一の本格的な中国様式の建築物「孔子廟」です。 現…

 大浦天主堂は国宝そして世界遺産登録! ~長崎紀行

正式名は日本二十六聖殉教者天主堂 大浦天主堂 長崎市南山手にある、グラバー園の入口のすぐ手前に大浦天主堂があります。 幕末に鎖国が終わり、開国後の1865年(元治2年)に建立された日本に現存するキリスト 教建築物としては最古だそうです。 日本二十六聖…

静岡県沼津へのお出かけ~沼津魚市場

沼津魚市場は観光客に近いぞ! 特別なグルメでなくとも、時には獲りたての新鮮なお魚をたべたくなったりします。 そんな目的で、有名な漁港である沼津港を訪ねました。 沼津漁港は市場と飲食街が一体となった、そんな構造の港町と言えます。 水産複合施設沼…

静岡県沼津へのお出かけ~沼津御用邸公園その2

沼津御用邸本邸跡 沼津御用邸本邸正門 前回に続き、沼津御用邸公園内をめぐります。 御用邸本邸正門は、とても立派に管理されています。 とても豪華であったと聞く本邸御殿そのものは、1945年(昭和20年)の沼津大空襲で焼失 し、今は広い敷地に松林が残るばか…

静岡県沼津へのお出かけ~沼津御用邸公園その1

駿河湾沿いを沼津御用邸へ 沼津港で新鮮な魚を食べようってことで、駿河湾に面したホテル「KKR沼津はまゆう」 に宿を取りました。 客室からは間近に海が、そしてホテル玄関からは富士山が望めます。 ホテル裏手の海岸は、夏には海水浴場にもなるそうで歩道も…

プチヨーロッパみたいなグラバー園 ~長崎紀行

長崎港を見おろす高台にあるグラバー園 三菱第二ドックハウスより望む長崎市内 長崎市南山手町にある観光施設、グラバー園をたたずねました。 1859年(安政6年) 長崎開港長崎に来住したイギリス商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市…

シーボルト記念館を訪ねる ~長崎紀行

近代医学に貢献したシーボルト 1823年ドイツ生まれのシーボルトは医学を修め、さらに東洋学研究を志して来日します。 そして鎖国時代の日本の唯一の窓口、長崎出島でオランダ商館医となりました。 出島内で開業の後、1824年には出島外に「鳴滝塾」を開設し、…

長崎くんちの舞台「お諏訪さま」 ~長崎紀行

350年の歴史を誇る大祭「長崎くんち」 長崎駅に到着し、路面電車の案内図を見ると「長崎くんち」が行われる「諏訪神社」がすぐ近くにあることが分かり行ってみることにしました。 最近見たテレビ番組で、「長崎くんち」の特集をやっていました。 なんでも、…

 二十六聖人の像 ~長崎紀行

わが国初の殉教者たちの像 長崎駅前から国道沿いを歩き、急な坂を頑張って上ると5分ほどで二十六聖人殉教地とされる西坂公園にたどり着きます。 1587年に豊臣秀吉はキリシタン禁止令を出しました。 一説には九州征伐の折に、キリシタン大名達が同じ信仰 の絆…

なつかしの地、長崎紀行~ ランタンフェスタ仕様の眼鏡橋!

素朴な風情~長崎眼鏡橋 長崎観光で名所のひとつに数えられる「眼鏡橋」 長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋で1960年に国の重要文化財に指定されました。 「日本橋」「錦帯橋」と並んで日本の三名橋とされ、現在も人が往来する橋としての機能を果たして…

なつかしの地、長崎紀行~ 龍馬通りを下る

坂本龍馬ゆかりの地 「風頭公園」坂本龍馬像 僅かの時間ではありますが、せっかくの長崎市内観光ですから 興味ぶかい坂本龍馬の足跡の一端でも辿れればと「風頭公園」から寺町に至る「龍馬通り」を歩きました。 前回は、3体ある坂本龍馬像を探しました。 ww…

なつかしの地、長崎紀行~ 竜馬像を探して・・

長崎とゆかり深い坂本龍馬 坂本龍馬 近代日本の夜明けのために奔走した英雄といえば、まず坂本龍馬が挙げられます。 龍馬は地元の土佐をはじめ各地での様子が知られていますが、ここ長崎でも大変な活躍を見せています。 龍馬は元治元年(1864年)に、師である…

なつかしの地、長崎紀行~ 爆心地に想う

悲しみの原点~原爆投下中心地 昭和20年(1945年)8月9日 11時2分。アメリカのB29爆撃機から投下された原子爆弾は松山町171番地の上空約500mで炸裂しました。 現在、その地には落下中心標柱として黒御影石の碑が建てられていて、地中には原爆によって壊され…

なつかしの地、長崎紀行~ 爆心地の祈り「長崎平和公園」

どこまでも静謐な平和記念公園 長崎「平和公園」は1度訪れたのみですが、強烈に記憶に残っていて何十年も前の記憶とは思えないほどです。 ここだけは何としても、再訪を希望していたところでした。長崎駅から長崎市営バスに乗り「平和公園」で下車してすぐ目…

なつかしの地、長崎紀行~ 空港から長崎駅へ

海に浮かぶ空港~長崎大村空港 法事のための長崎入りですが、この機会に久しぶりの長崎観光を計画しました。 長崎観光は修学旅行以来ですから、うん十年ぶり~(^^; 楽しみ~♪ 長崎空港と言えば、陸地から大村湾に一直線に延びる接続道路を見ると、埋め立てて…

清浄な富士の湧き水~忍野八海

元日に雄大な富士を見上げる・・・贅沢だなぁ~(^.^) 神奈川の友人宅で2020年の元旦を迎えたわたし。 ゆっくりと朝寝坊をし、お雑煮をいただき「ごろ寝正月」を決め込もうとしたのに 「さぁ~ 出掛けるぞ~!」友人の旦那様の鶴の一声!! 是非、連れていき…

難攻不落の小田原城~その②

小田原城の記事の続編です。 再建された小田原城は美しかった! 小田原城 夏の日差しが照りつける中、小田原駅から小田原城前までたどり着きました。 江戸期や関東大震災など、何度も地震による破損や倒壊を繰り返した お城の石垣や天守閣も2016年に耐震工事…

難攻不落の小田原城~その➀

小田原駅からお城へ至る 8月の暑い盛りに小田原を訪ねました。 晴天に恵まれ、お日様が照りつけるなかウロついて頭をやられたのか どうしてもまとめて記事にすることができず放置状態になっています。 このままでは、宿題をやってない小学生気分なので 何と…

バス旅のお楽しみSAその②~歴史マニア喜ぶ長篠設楽原

NEOPASA(新東名高速道路SA)は楽しい~♪ 近畿方面行きのバス旅で新東名高速道路での休憩に 駿河湾沼津SAの次に休憩したのは長篠設楽原PA(パーキングエリア)の下りでした。 www.yurahime.com 長篠設楽原PAは、戦国時代の長篠設楽原の戦いをコンセプトに作られ…

バス旅のお楽しみSAその➀~海と山とワンちゃんと!

新東名駿河湾沼津サービスエリア 高速道路を使った旅にはサービスエリアの利用が欠かせません。 トイレや食事、そして適時の気分転換も安全のためには不可欠です。 他にも給油、渋滞回避など様々な利用価値があります。 サービスエリアも時代のニーズと共に…

下呂温泉に泊まる

日本三名湯のひとつ~下呂温泉 岐阜県下呂市にある下呂温泉は、儒学者の林羅山が著書の中で有馬温泉、草津温泉と 共に名湯として挙げたことから「天下三名泉」に数えられるようになったそうです。 下呂温泉の歴史は白鷲伝説に始まったのだとか。 平安時代後…

飛騨高山はゆっくり時間を過ごしたいところ!

ほんの束の間の滞在、飛騨高山~バスツアー 高山はご存知のように、岐阜県の飛騨地方に位置する山岳都市です。 元は江戸幕府の天領であり、町並みが似ていることから 飛騨の小京都とも呼ばれることもあるレトロな雰囲気の町ですね。 秋のバスツアーでほんの…

雨の白川郷

ユネスコ世界遺産~白川郷 田園の中に藁ぶき屋根の家が点在する山里の景色は まさに日本の原風景。 最近よく目にするのは、雪を被った合掌造りの屋根の連なりが ほのかな明りに照らされた幻想的な写真で紹介される白川郷。 2度目の訪問ではあるけれど、やは…

息をのむ美しさ~香嵐渓

我が家の旅はいつも雨模様~(/_;) 香嵐渓 この秋の我が家の旅の計画は、片っ端から中止を余儀なくされています。 天候によるものがほとんど、そして楽しみにしていた安芸の宮島行きのツアーは 参加者が集まらず催行中止になってしまいました。(-_-) せめて代…